業務用 空気清浄機.jpは、アレルギーの原因となる化学物質を分解する光触媒を使った業務用・工場用の空気清浄機を販売しているサイトです。

業務用 空気清浄機.jp
?

ココが違う!新開発、光触媒セラミックフィルター

光触媒セラミックフィルター

盛和工業株式会社では、東京大学橋本和仁教授、科学技術振興機構との共同研究で、酸化チタン担持セラミックフィルターを開発しました。(平成11年、12年、独創的研究成果育成事業)

日本発のオリジナル技術である光触媒は、酸化チタンに380nm以下の紫外線を照射することによって起こる酸化・還元反応を利用した触媒で、光を利用するためにコストの低減を可能にする21世紀の環境触媒といえます。

光触媒の酸化力はオゾン(O3)よりさらに強力で悪臭物質や有害物資を分解します。また、酸化チタンの表面のみで反応が進行するのでオゾンのように人体に影響がなく安全です。 高い耐久性と優れた脱臭、除菌効果を持つ新開発の光触媒セラミックフィルター(特許出願中)の活用により、従来の家庭用に使用されている光触媒フィルター方脱臭機に比べ非常に高い効果を発揮できます。

光触媒セラミックフィルターの特徴

光触媒セラミックフィルターの特徴
  1. フィルター表面が非常にポーラスで表面積が大きいため、自在に酸化チタンの量をコントロールできます。
  2. フィルター表面が汚れても水で洗って再使用出来ます。(ただし表面をコーティングしてしまう様な物質はメーカーにて再処理)
  3. フィルターが不燃物のため、光を大量に当てても心配なく、光源との距離を近づけることが出来ます。(光触媒機能を最大限に利用できることにより効率アップ)
  4. 空孔率が80%〜90%と非常に高く、通気抵抗が極めて小さい。
  5. 骨格がアトランダムに存在するため流体との接触効率が良い。

これらの特徴により従来の光触媒フィルターに比べてより高い分解活性を有するフィルターとなりました。

▼フィルター・装置開発体制

フィルター・装置開発体制

除去までの仕組み

除去までの仕組み

▲クリックで大きな画像が表示されます。

酸化チタン光触媒とは?

従来、酸化チタンは白色顔料として化粧品や繊維の添加物に使用されてきましたが、ホンダーフジシマ効果の発見により光触媒としての使い道が確立されてきました。

原理は植物の光合成に似ており、光合成は緑要素に光を当て水と二酸化炭素から酸素とデンプンを作り出しますが、光触媒は酸化チタンに近紫外線(380nm以下)を当てることにより、水と酸素から活性酸素種(ヒドロキシラジカル等)を発生させ、有害物質・悪臭物質・雑菌などを酸化し、最終的に無害な二酸化炭素と水にまで分解します。

この反応は酸化チタンの表面のみで進行しますので、活性酸素が機外に排出されることはありません。